吉田泰郎法律事務所 吉田泰郎法律事務所
トップページ > 法律情報

担保・保証を理解するための用語 …… 法律用語集

一般先取特権,物上代位,抵当権,根抵当権,極度額

質問19)「一般先取特権(いっぱんさきどりとっけん)」とは先取特権とどう違いますか?

回答
一般先取特権とは、先取特権のうち優先的に弁済を受けられるものを規定したものです。
民法で定めているのは、
1.共益の費用
2.雇用関係
3.葬式の費用
4.日用品の供給
以上4つです。
これらは債務者の全財産から優先的に弁済されることになります。


質問20)「物上代位(ぶつじょうだいい)」とはどのような意味ですか?

回答
物上代位とは、目的物に担保権を設定している場合にその物が消滅してしまった場合、損害賠償請求権など目的物と同程度の価値を持つ他価値変形物に対しても担保権を行使できるとしたものです。
不動産の収益として上がって来る賃料も物上代位として認められます。
物上代位は先取特権や質権、抵当権に対して認められていますが、留置権については認めていません。


質問21)「抵当権(ていとうけん)」とはどのような権利ですか?

回答
抵当権とは担保物権の一つで、第三者が占有を移転しない状態で担保にした不動産について他の債権者に先だって自己の債権の弁済を受ける権利をいいます。
抵当権を実行する以前では、債務者は抵当権が設定された不動産を使用したり、収益を行ったるすることができます。
しかし、債務不履行で抵当権が実行されると不動産は競売にかけられその代金をもって弁済にあてることになります。


質問22)「根抵当権(ねていとうけん)」と抵当権との違いを教えてください。

回答
根抵当権とは、一定の範囲に属する不特定の債権を極度額という金額の上限以内で担保する抵当権のことです。
商売などで融資が必要な場合、一回の貸借では完了しないことがあります。
しかし、貸借の度に手続きを行っていては大変なのでこのような方法があります。


質問23)「極度額(きょくどがく)」とは何ですか?

回答
極度額とは、抵当権が担保する債権における限度額のことで、民法398条の2に記されています。
原本や利息等全て、根抵当権が設定設定された場合に極度額を限度として担保されます。

↑ 法律用語集のトップページに戻る

 

吉田泰郎法律事務所

ご案内メニュー

ページの先頭へ
Copyright©2013 Yoshida Yasuro Law office.ALL RIGHTS RESERVED.